Webサイト制作やプログラミング、フリーランスについて発信しているブログです

iSara4期(バンコクのノマドエンジニア育成講座)に参加した感想

バンコクのノマドエンジニア育成講座のiSara4期に参加したまい(@1440minu)です。
今回5期の開催が決定したとのことで当時の思いが蘇ってきたのでブログ記事にすることにしました。
5期に参加しようと思っている方や今後参加を迷っていたり、バンコクでの生活が知りたい方など、iSaraに興味を持っている方へ私が感じた感想など記録していこうと思います。
先に言っておきます、とにかく…声を大にして言いたいのですが…

「iSaraに参加してよかった!!!!!!!!」

です!
それではいってみよー(^^)/

iSaraに参加を決めた理由とiSara参加前の状況

参加前に悩んでいた色々。。

まず、わたしがiSaraに参加する前の状況をご説明します。

元々自営業でネット販売をやっていたのですがWordPressのテンプレートを使った販売サイトを自分の思い通りにカスタムしたい!と思ったことでWebサイト制作を勉強しようと決めたことがはじまりです。

そして、2018年1月からWebサイト制作の勉強を始めたのですが、勉強を続けているうちにWebサイト制作は
・事業として成り立つこと
・副業としてリモート希望でも仕事があること
・作業スケジュールが自由に組めること
これらのメリットがあることに気づきました。

勉強は楽しかったのですが毎日やっておらず、ダラダラしてしまったのもあり2018年夏〜秋頃にかけて、お金にならなければ勉強を続けても意味がないと思うようになりました。
勉強をこのまま進めていくべきだろうか?
どう仕事にしたらいいのか?
悩んでいるときにiSaraを知り、資料請求をしたのでした。

iSaraの学習内容

事前学習について

学習内容をご存知の方も多いと思いますが…
iSaraでは「基本的なプログラミングスキル」は教えてくれません。
今は無料または安い金額でスキルを学ぶことができますのでそれらを利用しながらサイト制作の課題をこなしていき、自ら技術を身につけていくスタイルです。

今振り返ると、結果このやり方で間違っていなかった、とわたしは思います。
コーディングしていくにあたってつまづいた時に自力で解決できる力がつきました。
わからないからとその都度教えてもらっていてはフリーランスとしてやっていくのに難しいと思います。

そして、事前学習の勉強時間ですが、わたしの場合は平日は3〜7時間、休日は6〜7時間勉強していました。
自炊もストップしてご飯は時短で済ましたり、友人知人のお誘いは全て断って、勉強に集中していました。
それでももっと時間を捻出できただろうに、もっと勉強時間にあてられたらよかったな、と思っています。
事前学習期間中は使える時間は1分でも多く事前学習に使って、課題をどんどん進めていくべきです。
事前学習に限らず、なんでも「早く的確に」こなしていくことがすごく大事です。

バンコク講座について

主に営業方法や稼ぐことに特化した講座内容になっていて、毎日2コマの講義があります。
これがもうね、内容がめちゃくちゃ濃いのですよ!頭パンクするんじゃないかってくらい。
講師陣の方々の経験とか聞けて、ためになりすぎる…!
この講座はやっぱ現地で生の声で聞くべきですね。

そして、わたしが思ったこと。
バンコク中にたくさん行動&アウトプットするべき。
せっかくいい機会で学べているので、ただ講義を受けるだけじゃもったいない。
今思うともっとアウトプットすればよかった…!

3週間のバンコク生活

iSaraの講座は気になるけど、バンコクでの生活が心配な方もいると思います。
先に言いますと、最低限気をつけていれば心配しなくても大丈夫。
バンコク3週間、めちゃくちゃ楽しかったです。

ホステル

バンコク滞在中はコワーキングスペース近くのホステルに泊まります。
女性8人部屋の1ベットがプライベートスペース。

わたしは海外旅行は好きで一人旅にも行っていたのですが、それまでホステルで泊まったことがありませんでした。
結果、2〜3日もすると慣れる。むしろ楽しい!
逆にハマってしまい、今ではホステルばかり泊まるようになりました。

8人部屋はお風呂とトイレが同じだったので一人がお風呂に入るとトイレは使えないけど、どうしても間に合わない時はホステル内の他のトイレに使えたりするので問題なし。
うまいこと8人で生活できていましたね。みんなでワイワイやって合宿みたいですごくいい思い出!

食事

タイのご飯は安くて美味しい!
日本人の口に合うので、まず食事で困ることはないと思います。
何人かお腹を壊していた人もいましたが、わたしはお腹を壊すことなく3週間生活しました。

ちょっと野菜が少なかったり、ちょっと脂っこい食事が続くと、近所のスーパーのサラダバーを買ってみたりあっさり麺類にしてみたり。工夫はできるので問題なしです。

すーごく美味しいタイ料理!これが食べたくて日本に帰って作りました
お魚料理はあまりないので見かけたら食べるようにしてた
見た目どおりあっさりしてます。はるさめスープみたい

スイーツやコーヒーも美味しかったので食べるの大好き女子は食べ過ぎに注意かもしれませんw

マンゴー!フルーツ美味しい!

移動手段

近所ならバイタク、タクシーはgrab、それか徒歩、この3択です。
暑かったので近くでもよくバイタクに乗っていました。もちろん通じないけど、ジェスチャーでなんとかしてました。

休みの日

講義が休みの日があるので中心地に出かけたり、買い物したり、充実していました。
2泊3日で外泊して帰ってきて、みんなに会った時の「ただいま」感がホッとしたw

近所にあるお店

コンビニ、クリーニング屋さん、ご飯食べれるお店、日本と同じようにあまり困ることなく生活できます。

持ち物

4期生バックパック率高くて驚きましたw
シャンプーも石鹸もコンビニで買えるし、洗濯できるし、持ち物少な目でもいいのですが、せっかくならおしゃれしたいじゃないですか、
服もう少し持ってってもよかったなーと思いつつ、現地で服買ったりできるので少なくてもOKです。
海外キャッシングできるクレジットカードはあった方が便利です。
(ATMに吸い込まれないように注意!)

帰国後のわたし

帰国から1ヶ月たって

帰国と同じタイミングで案件獲得に向けて動き出したのですが、1ヶ月目は10万円稼ぐことができました。
数ヶ月前まで1円も稼ぐ方法がわからなかったのですごい成長した(泣)
クラウドソーシングで案件もらった時はめちゃくちゃ嬉しかったです。

帰国から2ヶ月たって

2ヶ月目は5万円の収益でした。
わたしはまだまだショボイのですが、同期の人はめちゃくちゃ稼いでいる人もいます。
帰国後はホントに自分次第。がっつり稼ぎたい人もいれば数万円分稼ぐことを目標にやっていたり。
動けば結果が出る仕組みになっているので、もしがっつり稼ぎたいのならiSaraで学んだことを正しく実践していけばちゃんと稼ぐことはできます。

iSaraで出会えた大切な人たちや大切な考え

世界のどこかで頑張っている仲間の存在は本当に大きいです。
教えてくれた先輩もいるし、これからiSaraで頑張る人もいると思うと、もっともっと頑張らなくては、という気持ちにさせてくれます。

わたしは名古屋に住みながらなのでノマドはしていませんが、それでもノマドは十分可能であるとわかります。

今のところ全ての案件で、クライアントさんに直接会ったことはありません。
合わなくても仕事はもらえるし、必要なスキルや案件獲得方法は全て教えてもらったので、案件獲得できない言い訳はできない!
「正しくたくさん行動」するのみです。

iSaraに参加して本当によかった!迷っている方がいたら一歩踏み出すチャンスです!

iSara [イサラ] バンコクのノマドエンジニア育成講座

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。